2012年12月14日

狂言を楽しむ 

月に2回、様々な分野のお話を聞いて集う「日本橋文化交流会」に参加させて頂いてしばらく経ちますが、外部講師をお招きして講演していただくだけでなく、会員の方に講演をお伺いする機会もあります。

私も昨年「色で元気になるセミナー」と称してパーソナルカラー探し♡をダンディー揃いの日本橋メンバーにさせて頂きました。中には、それをきっかけにカフスボタンやワイシャツの選び方がとてもお上手になり、モテる男っぷりをあげた方もいらっしゃいます♬

さて、先日は会員の高橋敏男様が幼少よりお父様とともに 狂言の和泉流・野村万蔵さん(人間国宝,野村万斎さんの御祖父様)のお弟子さんだったそうで、当時のお話を中心に狂言の楽しみ方をお話いただきました。

大変おもしろくて、備忘録としてブログにアップしますね。
頂いたレジュメを参考にしますが、記憶でかくので、歴史的、専門的な記述が不正確でしたらご指摘いただければと思います。

奈良時代に中国では大衆演芸の「散楽」が始まり。平安時代に日本では「猿楽」として楽しまれるようになり、室町時代に「能楽」として「武士の芸能」として定着していったそうです。

能と狂言は対照的な性質を持ち

狂言      能
↓        ↓
喜劇     悲劇
対話劇   歌舞劇
庶民的   貴族的
素面劇   仮面劇

比較すると本当に正反対ですね。

能楽が武士の芸能として確立された室町時代というのは、とても女性が強かったそうです。
哀れな男衆とおっかない奥方たちのことを風刺し、狂言で大笑いしていた様子が浮かびます。

徳川時代になると、奥方や女性の強さは少し弱まってくるそうですが、武士社会や参勤交代など管理された体勢によって「笑うこと」がメジャーではなくなり(威厳がない、はしたないな等)下級に見られ、狂言師達は生きにくい世の中で、継承することもさぞ大変だったのだろうと思います。

昭和に入っても能が崇高で、狂言は崇高でない。というようなムードが続いていたものの、狂言界に弾みをつけてくれたのがアメリカ公演をする度にアメリカ人のファンが増えたことだそうです。
日本の伝統芸能としてとても評判高く、言葉を理解できないはずにもかかわらず、「通じる」「オチがわかる」とファン増えて、米国公演をすることにより日本で再評価されたのは、昭和30年以降なのだそうです。

能樂界の序列 
シテ方⇒ワキ方⇒囃子方⇒狂言方
____能方_____」
高橋さんがおっしゃるには、能も狂言も性質は対照的ですが、どちらも崇高な伝統芸能なんです。それを理解して、是非見に行かれてくださいとお話しされてました。

大蔵流が室町時代から現代まで関西方面で継承され、和泉流は江戸初期から関東で継承。鷲流は大正時代に終をつげ
現在は二流のみです。

和泉流は現行曲が254曲で殆どが15〜40分。30分以上は3曲くらいだそうです。
話の筋となる人々は

太郎冠者ー召使、愚鈍、横着、臆病、酒好き
女     ー強い、ことに妻は強い、恐妻
出家   ー物欲が強い僧侶は庶民側から見て我慢ならない
山伏   ー呪術を信じない現代主義が根底にあったが、姿、態度をいかめしくして構えているのが滑稽。
大名   ー下級武士、室町武家体制の中では、被支配者層
鬼     ー怖い鬼とそれほど怖くない鬼の二系統ある。
座頭   ー人の見過ごしている人間の心の暗部に、鮮やかな光を与える

太郎冠者物は45曲、女物は39曲、出家物は38曲、婿(むこ)物は20曲・・
女物と婿もので59曲あるということは、本当に女が強かったのでしょうねぇ

そして狂言というのは現代劇に通じていて、
場所、時、人を限定せずに、常に変わらぬ人間の普遍的な欠陥を衝いた曲。
過去も未来もどうでもいい。トータルの人生など問題ない。
ある時点でスパッと切った断面に、人間と社会の真実を見ようとする。 
ところに面白みがある。

そして口でいう擬音は世界の演劇に例をみず、
ドブ、ドブ〜〜、ピショピショ〜〜〜〜 この音は酒を注いでいて、最後になくなってくるとピショピショなんだそうです。
室町時代からお酒はついついピショピショするまで飲んじゃうのですね、面白いですねぇ。
擬音セリフも沢山聞かせてくださいました。

untitled.bmp人間国宝 野村万作さん、野村萬斎さん

それと、高橋様がおしゃっていたのは素人劇も大変面白く、例えば、セリフが中々でてこなかったり、急かしすぎて、一番面白いところを飛ばして終わってしまったり。。。それはそれは、面白いものなのだと。

完璧な人間などいないのだ、欠落しているところも人間味。大層な立派な人に限って悪知恵ばかり働かせ、威張っていても見透かされ。不遇な方に心のあり方と、人生を教わる。

能と狂言の区別もあいまいでしたが、高橋様の講演でとても理解深まりました。
それと、「慈悲深く生きていかなきゃいけないな。」と思いました。

高橋様 素晴らしいお話ありがとうございました。

野村萬斎さん主演の「のぼうの城」大変面白いそうですね。。是非、劇場で見たいと思います。
今日もお読みいただきありがとうございました

posted by m at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月28日

西浄さえ女史特別講演 

去る11月8日 日本橋小舟町 伊場仙ビル会場にて ビューティー&コスメティック ビジネスコンサルタント西浄さえ様の特別講演が日本橋文化交流会にて行われました。

西浄様は1970年代後半から二十数年間エスティーローダーの美容教育部長・広報部長を歴任されていらした方で、学生時代の米国留学経験やJALスチュワーデス時代と長年国際社会でご活躍されてこられました。現在もビューティー&コスメチック ビジネスコンサルタントとしてご活躍中で、西浄様が携わられた化粧品は皆様の日常の中でも目にして手にとってらっしゃると思います。

今回は、日本橋という伝統文化に縁ある土地柄を考慮して「わたしと着物」こ国際社会が教えてくれた日本人の文化と価値 という題材でお話くださいました。

372325656_75ec2fa155.jpg写真前方はエスティーローダー夫人とNY本社にて。西浄さんはエスティーローダー夫人から直接トレーニングを受けてます。エスティーローダー夫人はとても直感力に長けていて、ビジネス意識が秀でた方で、グレースケリーとの交友関係等、上流階級に世界に顧客を持った秘訣など、お話が進んでいきます。

DVC00061.JPG
エスティーローダーの各国美容部長の世界会議。それぞれ伝統衣装を着用しています。
西浄様は前方右から2人目、夏なので絽の付下げをお召しです。ステキですね。
現代で、「自国の民族衣装を自分できることのできないのは世界の中でも日本人だけですよ」と海外で言われるそうです。
11111.jpg
エスティーローダー夫人のご長男レナード・ローダー氏と奥様のエヴリン・ローダー夫人
エブリンローダーさんは着物に興味をお持ちで、絞りや織物の事などお詳しかったそうです。

西浄様は、「自分の存在は小さなものなのに着物を着ていると心持ちも落ち着き、周りの方も丁重になる。着物は糸を紡ぐことから手仕事で、職人が丹精込めて手織りをして、染め、刺繍、手縫い、仕上げにに何人物の職人魂が入っている。私は何度も和装をしていることで自分でない力を感じています。」

惜しくも昨年他界されたエヴリン・ローダー夫人は、ご自身の乳癌経験よりヒラリークリントンと共に「ピンクリボン基金」を発足させます。
「日本でも乳癌撲滅の為に定期検診の大切さをピンクのリボンとともに広めて欲しい。」 1990年前後、直々にお願いされた西浄様は、グラスに入れられた沢山のピンクリボンをもって各界、大手百貨店本部にお話に伺われました。今では東京タワーもピンク点灯されますが、当初は。。。

DVC00037.JPG
西浄様が子供の頃からお人形をおぶっていた紐(左)ずっと身近にあるので組紐で同じものを依頼したら「今の職人にはない技術で、一流の職人に晒せましたがこのようなものです(右)」 ほかいろいろなエピソード。

今年の4月パリで行われた日本月間にお嬢様お孫様とともに着物ショーにご出演、10日間和装で過ごされたそうです。
DVC00069.JPGDVC00082.JPGDVC00083.JPG
舞妓さんや七五三の坊やはフランス人 

講演最終は、今後の和装の利便性を高めるためには、問屋さんには、小学校の授業に着物を着る時間を提案しては等、提案質疑応答がつづきます。
今や日本人の政治や経済は尊敬されないけど、日本人と日本文化を尊敬し愛する方々は世界中に沢山いるのですよ。
DSCF0535.jpgDSCF0541.jpg486296_345449645562976_851713301_n.jpg
西浄様の講演のあとに清々しい気持ちで、懇親会。ノンアルコールなのに大盛況。
34998_345449792229628_1212453466_n.jpg249322_345449655562975_294589385_n.jpgPB081275.jpg
DSCF0545.jpgDSCF0543a.jpgDSCF0546.jpg

DSCF0556.jpgDSCF0523.jpg 
和装でお越しいただいた方が多く、とても華やかで皆美しかったです。当日、雑誌社の取材が入りましたので発刊されましたら記事を紹介いたします。
saesaijyo4.jpgsaesaijyo1.jpg 
西浄様とお目にかかって30年程、ご縁が続きまして本当に感謝しております。
お越しいただきました皆様、ありがとうございました。今回ご参加いただけなかった皆様にも朗報でございます。日本橋文化交流会役員よりリクエストがあり、来夏に西浄様の再講演の予定です。詳細決まりましたら、告知させていただきます。

お読みいただきましてありがとうございましたかわいい
posted by m at 17:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

コスメティック産業を飛躍させたビジネスパーソンが語る 

日本橋文化交流会 特別講演

西浄さまに講演のご依頼をいたしましたら、日本橋にふさわしい題目で講演をお引き受けいただきました。

コスメティック産業を飛躍させたビジネスパーソンが語る  
 
『 わたしと着物 』 
〜 国際社会が教えてくれた、日本人の文化と価値 〜 
ビューティー&コスメチックビジネス コンサルタント 西浄 さえ 氏 
 
エスティーローダー夫人と西浄さえさん。後ろにはサッチャー元英首相から宛てられたメッセージも@西浄様宅
 

西浄さえ 氏はエスティーローダージャパンの美容教育・広報部長を二十数年にわたり歴任されました。1980年当時年商20億円から500億円企業に成長させたブレーンです。NY本社に日本やアジアの伝統様式の美しさを紹介し、東洋女性に適したコスメのテクスチャー開発など、今に至る化粧品開発のスピードは一機に加速を増しました。
その審美眼は国内メーカーの成長にも一翼を担われました。2000年代は、セブンイレブンへハイクォリティーでキュートなメークアップブランド「ParaDo(パラドゥ)」の企画開発を手掛けコンビニコスメのプアー感を払拭。1アイテムで10億円以上売り上げるマスカラや、数々のヒットコスメを企画・開発・流通にのせ「日経ウーマンヒットメーカー部門トップ10」にも選ばれてます。西浄氏のコスメティック産業に与えた実績と影響は深く、現在はビューティー&コスメティックビジネス コンサルタントとして日本女性の美を色々なサイドから追求し続けてらっしゃいます。日本の伝統文化を尊び、今年の4月フランス・パリで開催された「日本月間」には、お嬢様や2歳のお孫様とともに和装でご参加されました。常に明るく潔い生き方をされている西浄氏のお話を広めたく講演を依頼をさせていただきました。是非、皆様のご参加をおまちしております。

講演概要
◇     わたしと着物
         世界の知識層は知っている * ローダー夫人とのエピソード・日本の文化・芸術
◇     着物の力
         日本の文化 *歴史・伝統・風土・四季
         技(わざ)       *つむぐ ・染め ・織り
◇  着物を世界に
         誰がやるか *群衆に媚びることなく、大衆の志を引き上げるためには
         マーケティング*大衆の手に届く流通の考察
 
平成24年11月8日 木曜日 
夜の会 6:30〜8:00(6時開場)懇親会8:00〜9:00 参加費用 ¥2000 定員70名
会場   伊波仙ビル7階  伊波仙は江戸時代より14代続く「扇子」の老舗です。
      東京都中央区日本橋小舟町4番1号  銀座線三越前駅徒歩2分
     
 ご参加をご検討されてる方は、11/7までに是非メッセージください。
 ✿ 当日は紬の着物でご講演されます。和装でのご参加お待ちしております ✿
posted by m at 15:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

松田聖子の努力をマネしてみるセミナー

「魅力のゴールデンバランス」

先週末に地方都市で ↑ というタイトルでセミナーを致しました。


内容は、タイトルにもあるように

お顔の黄金率からみる、表情の作り方です。


顔の筋肉体操・・・継続には・・努力が・・・

 なので、アンチエイジング世代で〜難しいこと、苦労することは嫌!


という人でも、

 思考が変われば、笑顔が変わる。

a20070606.jpg


   

表情努力と言えば、かのじょです     ↑松田聖子さんぴかぴか(新しい)


ぴかぴか(新しい)メイク道具も使わない、ビューティーセミナー 

お客さまにもご好評だったようです☆
posted by m at 22:30| 講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

メイクアトリエ LIPS

メイクアップについて学びたい方、業界を知りたい方!

朗報ですexclamation×2
 メイクアップアーティストの山田奈生子さんが、アトリエで伝道開始いたしました。
連絡が取れな〜い〜と心配するほど、海外やロケでおおいそがしのメークアップアーティストさんです。
個人レッスンやブライダル相談、
もちろんアーティスト志望者にも解りやすく業界ガイダンスしてくれます
。。。。かわいいキスマークLipsるんるんご覧くださいぴかぴか(新しい)
 加筆しておくと、モデル出身?!と思うほど美貌の方なのです。sp_37407.jpg
アトリエも東京駅を南下した八丁堀駅スグなので、地方の方も行きやすいですよ。
 soon新幹線
posted by m at 10:26| 講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。