2012年12月07日

偏頭痛とまぶたの痙攣・・が解消した理由

偏頭痛とまぶたの痙攣 2010年12月↓
http://mimisalon.seesaa.net/article/174357704.html?1354766723


このトピックのアクセスが多いので、追った記事を書く事にしました。

私の経験からですと、 痙攣があったピーク当時は肉体的な疲労感が高かった。
身体が持たない危険信号が痙攣で出ていたのではないかと思います。



当時2010年は、私の肉体改造シーズン3を開始した年です。

アラフィフでクロゼットにある洋服が入らないどころか、どうにか着れたものはシルエットが崩れてボコボコしてます。
体重なんてたった2,3kg増えただけなのに。。一念発起して運動をすることにしました。

過去2回集中的に体を絞ったことがあるので、2010年の時も最初の1ヶ月を乗り越えた時期から、
トレーニングの量も負荷もあげて体もどんどん絞り込めました。

平均的なトレーニングは、キックボクササイズ・エアロビクス各60分週1 90分週1 フリーウェイトトレーニング45分週2 ヨガ60分週1 気功体操30分週1 それに伴うストレッチ各回

大体週3回〜4回 夜2時間ジムにいく生活を続けていました。 
体型ももちろん変わりましたし、メンタルも整い、まさかトレーニングがストレスになっているとは思ってもみませんでした。

その後2011.311以降〜トレーニングスピードがダウン。腕が上がらなくなりペースを落とし、足指骨折ジムに行かずにホームトレーニング(アームカールバーとストレッチポール+気功体操=生命の貯蓄体操)に変更しました。

それでも、この春には腕の筋肉が発達して、お気に入りのラルフローレンの半袖シャツブラウスがキツくなってしまったのが、嫌になってしまいました。

猛暑も一切トレーニングをやめた数ヶ月。。50超えはホントにあっという間に体型が崩れてきたので、

今回はCLA・カルニチン・クレアチン・グルタミン等サプリメントと栄養補助食品と野菜ジュースを組み合わせ、体の声を聞きながら週1フリーウエイト30分 キックボクササイズ45分とエアロバイク20分&ストレッチ 週1気功体操 散歩5km(丸の内往復) 階段往復 等しています。
ハードトレーニングでなくとも体型は取り戻していますが、健康意識も度が過ぎると肉体疲労になるのだと体感いたしました、

皆様も不調があれば、どうか哀楽両方の事態からご考察されみられては如何でしょうか?
では、ごじあいくださいませ。

お読みいただきありがとうございました。
posted by m at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | mimiのささやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/305495409
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。