2012年11月05日

コスメティック産業を飛躍させたビジネスパーソンが語る 

日本橋文化交流会 特別講演

西浄さまに講演のご依頼をいたしましたら、日本橋にふさわしい題目で講演をお引き受けいただきました。

コスメティック産業を飛躍させたビジネスパーソンが語る  
 
『 わたしと着物 』 
〜 国際社会が教えてくれた、日本人の文化と価値 〜 
ビューティー&コスメチックビジネス コンサルタント 西浄 さえ 氏 
 
エスティーローダー夫人と西浄さえさん。後ろにはサッチャー元英首相から宛てられたメッセージも@西浄様宅
 

西浄さえ 氏はエスティーローダージャパンの美容教育・広報部長を二十数年にわたり歴任されました。1980年当時年商20億円から500億円企業に成長させたブレーンです。NY本社に日本やアジアの伝統様式の美しさを紹介し、東洋女性に適したコスメのテクスチャー開発など、今に至る化粧品開発のスピードは一機に加速を増しました。
その審美眼は国内メーカーの成長にも一翼を担われました。2000年代は、セブンイレブンへハイクォリティーでキュートなメークアップブランド「ParaDo(パラドゥ)」の企画開発を手掛けコンビニコスメのプアー感を払拭。1アイテムで10億円以上売り上げるマスカラや、数々のヒットコスメを企画・開発・流通にのせ「日経ウーマンヒットメーカー部門トップ10」にも選ばれてます。西浄氏のコスメティック産業に与えた実績と影響は深く、現在はビューティー&コスメティックビジネス コンサルタントとして日本女性の美を色々なサイドから追求し続けてらっしゃいます。日本の伝統文化を尊び、今年の4月フランス・パリで開催された「日本月間」には、お嬢様や2歳のお孫様とともに和装でご参加されました。常に明るく潔い生き方をされている西浄氏のお話を広めたく講演を依頼をさせていただきました。是非、皆様のご参加をおまちしております。

講演概要
◇     わたしと着物
         世界の知識層は知っている * ローダー夫人とのエピソード・日本の文化・芸術
◇     着物の力
         日本の文化 *歴史・伝統・風土・四季
         技(わざ)       *つむぐ ・染め ・織り
◇  着物を世界に
         誰がやるか *群衆に媚びることなく、大衆の志を引き上げるためには
         マーケティング*大衆の手に届く流通の考察
 
平成24年11月8日 木曜日 
夜の会 6:30〜8:00(6時開場)懇親会8:00〜9:00 参加費用 ¥2000 定員70名
会場   伊波仙ビル7階  伊波仙は江戸時代より14代続く「扇子」の老舗です。
      東京都中央区日本橋小舟町4番1号  銀座線三越前駅徒歩2分
     
 ご参加をご検討されてる方は、11/7までに是非メッセージください。
 ✿ 当日は紬の着物でご講演されます。和装でのご参加お待ちしております ✿
posted by m at 15:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/300466596
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。