2012年08月04日

気苦労は体に現れる。

白鳥の皆様、こんばんは
猛暑の中ご体調は如何でしょうか?

特定のお客様だけを対象にした美容と未病対策のフェィシャル&ボディトリートメントサロン iqi(息) スタートしてから4年半になります。
今月より 5周年に向けて開発した技術を組み入れた iqiトリートメント アドバンス をプレスタートいたしました。
さて、この写真は今日のお客様の背部施術の状態です。20120804dr.jpg
オールハンドマッサージの後、Guassaを施したのですが、見事な五本の川の字になりました。 
特に両外側のSyaの出方が激しく思わず「先生、気苦労が多いようですね・・・」(お客様はドクターなのでツイ、先生とお呼びしてしまうのです)と話しかけましたら、「まさに、そうなの!」と驚かれてました。
グアサのシャの位置で内面の状態が分かるのが Iqiトリートメント の特徴です。 
状態に応じて精油を加えて、このあとに 新技術を組み入れたアドバンス施術に入りました。
 
お客様がお医者様という事でご協力いただき、新規ごとは「先生」からスタートするのです。
ご感想は「今まで以上に、痒いところに手が届いて、「そこ」までやってくれるの!」という満足度がありました」とのお言葉でしたわーい(嬉しい顔) 秋まで磨きをかけてプライスや時間を設定いたします。従来のiqiトリートメントと、アドバンスの二本柱のメニューができました。

Syaシャを初めてご覧になった方は「恐ろしげ」に感じると思いますが、
ハンマー投げの室伏選手が、カップリングという施術で「体の疲労回復」を図られています。カップ(吸い玉)ともいいますが、吸い上げられた皮膚は紫色になっています、
あれは、体の疲労物質がSyaとなり視覚化できるのです。2〜3日で老廃物として汗や尿とともに排泄され、代謝され皮膚色も元通りです。 

Guasaグアサは吸い上げるのでなく、オールハンドで肌上からコアサというヘラで「圧」をかけて、深部に痛みがあったり、体のこりを改善するのです。
Guasaはご本人の状態を見ながら「よりカスタマイズ」されたデトックスとリセットできる施術です。最近では、小顔ケアがカッサとして認知されていますが、もとは体がメインです。

iqiでは、足湯〜足踏み〜経絡マッサージの流れで、十分に体を緩め、血行を整えててから行います。感覚は「痛ギモ〜」くらいですよ。
あまりにも見事なSyaなので写真におさめたら、「公開して疲れてる皆さんに見せてあげてください。」という先生のお言葉にブログアップいたしました。
425281_262847683792183_100002008597177_603047_1836869236_n.jpgDVC00022.JPG足湯コーナーいい気分(温泉)
DVC00017.JPG施術後は、近所の中華料理屋に行き私達の定番メニューを食し、近所のホテルラウンジでスィーツで〆ました。

とてもご多忙なお客様が、1日時間を作ってお出かけくださるので、施術する側もされる側も終わったあとは、美味しいもの「ご褒美」タイムを共有させていただいております。医食同源ですね。

どうぞ、皆様も夏バテされませんように、
お読みいただきありがとうございました。また、いらしてくださいねかわいい

ps・翌日も「半端なく背中がほぐれて、さすがの施術で感心します。」とメッセージいただきました。Guasaプラス新技のハンドトリートメントが成果があったようで、私も嬉しい限りです。ありがとうございました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。