2012年06月14日

アラフィフのヘアスタイルの見つけ方 No,2

白鳥の皆さま、ごぶさたしております。

アラフィフのビューティースタイルのカテゴリーは2010年12月よりずっとヘアスタイルの話ばかり書いておりますが、今回も私のヘアスタイル変遷です。


前回は2月3日のヘアスタイルDVC00049.jpg その前のヘアスタイルが短かすぎて4か月も切らずに伸ばした写真です。そんな時に、美容ドリンクのTV出演が入って、DVC00044.JPG ⇔知人達から不評のヘアメイク・・・無常観かんじました。
その後ヘアサロンでアクシデントに合い、さらに無常観増大でしたが事態は改善されず、心と顔のダメージを抱えたまま現在に至っております。
ビューティーメディカルの進化と成果も著しい時代、最小のリスクで最大の効果と安全性をあるケア方法を検証している最中です。何が起こって、どうするのか?・・詳細は未だ書きたくないのですが、コンプライアンスも無く「KKD法だけを頼りにしているサロンは避けるべし!」ということを、アラフィフの皆様にお伝えします。アフターケアもフォローもナシ。リテール=ディティール、CS軽視は自分の首を絞めてるも同然。とても残念ですね。

あの時には戻れない「状態」を抱えながらも、3〜4か月を経てセルフショットを撮りました。我ながら上手にカバーして撮れたと思います。、私のNewヘアスタイル変遷です。
⇒MarchDVC00063.JPG⇒MayDVC00100.JPG
JuneDVC00110.JPGDVC00113.JPG

上の写真はすべてホットカーラーで仕上げてます。アラフィフヘアーは艶が命です。ヘア剤をつけて熱を加えることで、私の固い癖毛でも艶が出てきます。 たいてい、シャンプー後、きっちり乾かしてから顔に向けて内巻きに巻いてます。置く時間やロットの太さは気分で色々試してます。
髪によって顔を隠したい場合は、毛先3CM位をカーラーに巻き込まずに出してセットします。そうすることで、髪のカールと毛先のハネ感が不調和でいながら、動きがあって程よい「抜け感」ができるのです。また、毎日同じスタイリングに出来なくてもご愛敬、いつも変化してる事こそ、自分の可能性の表れです。

ヘアスタイリストには、自分の出来るテクニックの範囲を伝えてあります。「ブローセット×、アイロンは火傷経験あり△、ホットカーラーのみ◎」と話してあるので、ブロードライで完璧な仕上がりだったとしても、数十秒でもホットカーラーを巻いてスタイリングの仕方を見せてくださいます。プロと同じにできなくても真似ることから始めればよいのです。

寝る前でも、髪を洗ったらブローして必ずスタイリング(ホットカーラー)します。寝ぐせがついたとしても翌朝の手入れが簡単です。アラフィフにとって頭頂部のボリュームと、縦ひし形のヘアラインは重要です。 直線的なラインは一見若若しく見えますが、下垂した頬や法令線を強調させてしまう場合があるので、日頃から自分の顔を客観的によおく観察しておきましょう。 
⇒2010Dec.5303103358_0e5cb23e0f_z.jpg 似合うスタイルは、骨格や顔型によって違うので、オートクチュールのようにどんなスタイルでもカスタムメイドしてくれるヘアスタイリストさんと巡り合える事ができればいいですよね。
また、書きます。
お読みいただいありがとうございました。
またいらしてくださいねかわいい
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/274951009
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。