2012年05月08日

生きている鉱物

wp_small_20061215_1.jpg生きている鉱物
鉱物と人間の関係性を調べている時に、美しい写真に出会いました。

オーストラリア西岸、シャーク湾の浅瀬に並ぶストロマトライトは、鉱物であると同時に生物でもある。
酸素を作る微生物(シアノバクテリア)のコロニーに、海水のミネラル分や沈殿物が付着してできた。太古の地球で、ストロマトライトは大気中の酸素を増やす役割を果たしていた。
写真=Frans Lanting ナショナル ジオグラフィック日本版
2006年12月号「生まれたての地球の姿」より

無限大 美しい地球です。


posted by m at 13:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | mimiのささやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。