2009年09月07日

ボトックスを打つ前に・・・

こんにちは、白鳥の皆さま

水かきのmimiでございます。今日は、ご興味あるプチ整形のお話をしましょう。

私も、ヒアルロン酸注射にボトックス注射したことがありますよ♪

10年くらい前ですから、アラフォーの頃・・にどうしてもTRYしてみたくて、院長自らお顔をキレイにしているクリニックに行ってみました。

丁度、その院長先生に「打ってみたい」と申し出たら、ニッコリと素晴らしい男前の笑顔で「キレイになりますよ〜すぐにお化粧できますから、今日でも大丈夫ですよ〜」と、目の下・豊麗線とか、見つくろって打っていただきました。

もう、あまり記憶も薄れているのですが、当時の「走り」だけあって、20万ちかいお値段だったような気がします。

今思うと、そんなにしなくてもよかったと思うのですが、「今日でも大丈夫〜♪」の言葉を安易に信じてしまいまし、本来丸顔のわたしは、あまりヒアルロン酸は必要でなかったようで、かえってパンパンになりました。

週明けの仕事は、色々な方の視線が「!?」と、言っているようでした。

それでも、興味が先走り 次には「ボトックス注射」です。
今度は別なクリニックで、関西まで出掛けて行きました。
先生のお見立てで、顔全体と、私の希望で首筋。事前にお電話でドクターとお話した事を覚えています。
首筋は「首はボトックスが安定しなくて、すぐに流れてしまう」と言われましたが、横しわの無い首筋を一度見てみたくてお願いいたしました。首は7〜8万円で、2週間ほど綺麗な首筋になりましたが、写真は撮ってないですね、(残念)

そして顔ですが絶妙なボトックス具合で、1週間くらいでふっくらしたハリある顔になってきました。毎朝、起きぬけの顔を見るのが楽しかったのです。

が、どんどんと額のハリがでてくる都度に、眉毛が動かなくなり目蓋は重くなりました。一過性での事と聞いていましたが、ヘアスタイルを変え前髪を作らなくてはいけないほどに、顔つきが悪くなりました。3〜4週すると、その形相も緩み丁度よくなりましたが、怖かったですね。


しかし、アンチエイジングを注射とはいえ、プチ整形依存したくなくメディカルエステティックに切り替えたのです。

フォトフェィシャルRF サーマクール プラセンタ注射 等肌状況は透明度が増し、色素沈着も目立たなくなり定期的に通っていたのです。

なぜ、やめたかと言うと「医療ミス」です。ある時期から色素沈着が増えていく事態になってしまったのです。その結果、とても痛い思いをした「トレチノイン酸」治療をしなくてはいけなくなってしまいました。

これが、今より7年前です。

今でも、私の額と頬には、その医療ミスによる色素沈着がうっすらとあります。当時走りのアンチエイジング熱に浮かされて、かかった費用も言う気になれない・・

この数年の経験をきっかけに、現在の東洋伝統療法による美容術を含む「経絡美容」の道に進んだのですから、怪我の功名とも言いますか。

色々なドクターとのカウンセリングで分かったことは、
顔を老けさせてみせるタルミやシワをとるには(外科手術以外の注射など)
額や頭部の筋肉が関係しているという事です。
そこを、日頃からメンテナンスしていれば、加齢による容貌の衰えるスピードも遅らせることができるのです。

例えば、丁寧にヘアブラッシングをする。シャンプー時のヘッドマッサージ。オデコのお手入れをクレンジングや保湿を疎かにしていたら、改善するだけでも肌の張りは違うかもしれません。
ボトックスを打つ前に、ご自身のケアでお顔が蘇るかもしれません。

そして、私が現在、経絡美容研究家としての肩書きを持つようになった「メリディアンマッサージ」の事は、小顔専科のカテゴリーに綴っていきますので、どうぞご覧くださいかわいい

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。