2009年11月17日

歌姫Irisさんのご訪問


今日はソプラノ歌手でクラッシク界でご活躍のIris(イリス))こと松尾香世子さんにお越しいただきました。

ご縁あって親しくさせて頂いてはいるのですが、

ご本人のお顔に触れるのは、今回初めてだと、、、、思うんです。

今月末には、恵比寿のアートカフェでリサイタルをされます。





http://ameblo.jp/irismuse39/


そんなお忙しい中お越しいただいたのは、
美貌の方ゆえに、メイクアップ映えしすぎて「派手」になりすぎたり
「若々しさ」が押さえられたリしてしまうんですね。

さて、ご本人の通常時のメークです。かわいいですね。


パターン1


ベースメークを思いっきり薄くして、ハイライトを効かせました。
アイシャドウは「まったく無し」 ポイントに部分つけまつげ使用。
アンダーアイラインが決めてです。アイブローも眉間部分を離しています。


パターン2

アイシャドウとチークをプラス。アイブローをハッキリさせました。
目もとの拡大↓

あっさりと、でもIMPACTある目もとに。部分まつげを効かせて。
これで、ドレスを着て調整すれば、若々しさを保ったチャーミングステージメイクになるはず。

ちょいと、おさえて日常でも。


かわいいですね、
イリスさんのソプラノのコロコロと伸びやかに天まで届く歌は一度聞かれてみてください♪
http://ameblo.jp/irismuse39/  このブログで試聴のナヴィゲーションしています。



ご本人のブログを読んだら、自分でこのメークがデキルカニャ〜といいっておられましたが、
とりあえず、頑張ってみて! リサイタル始まる前に控室に顔出しますからねかわいい



タグ:松尾香世子
posted by m at 00:50| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | わたしは、こう変りました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

愛のマイケル月間

白鳥の皆さま 

またまたご無沙汰して大変もうしわけございません。

何と言っても10/28以来、もうマイケルの愛のメッセージに満たされつつも、

もっともっと、とマイケルを求めて映画館へ日参してしまうので、自分の美貌月間として

This is it 丸の内ピカデリー17番席に座ってる方が多いんです。

初日は、21時からのレイトショー帰りには「ナンパ」されたんです。

黄色のネクタイのステキなエグぜクテイブ風の方に、

ビールでも・・なんとなく一緒にEV乗っていた気がするんですけど

遅いので帰ります。。とお断りしたら「キレイナ・・○×▽・・」と、聞き取れませんでしたが

これは2時間近くマイケルLOVEパワー全開だったの証、

女性ホルモン~フェロモン〜ムンムン♪

↑↑↑・・恥ずかしげもなく、活字にしてしまう所がアラフィフかしらん。

初回後にMyspaceのブログにアップした記事転載いたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 this is it 見てきました。


ロンドン公演のリハーサルをMichaelが個人的に記録させていたvideoを111分の動画にまとめた映画です。


Michaelの姿を見て涙腺が崩壊するかと思い、ハンカチ・ティッシュ・メガネ・マスクと準備万端だったにもかかわらず、涙ひとつぶこぼれません。


一言でいえば、「釘付け」状態



すべて生歌で、あのまろやかな声と声域、切れすぎるダンス。Michaelはトレーニングを積んでいたんですね、活動していなくとも前と変わらない。

年を重ねている分、前よりも凄い!?


何に増しても妥協のない音作り。彼の中には、正確な全ての音があって、それを細部にわたって概容をはなし指示をだす、リハに加わっているような臨場感。


心に残ったシーンは、オレアンティー(24歳のブロンド女性のギタリスト)のギターソロで、横でポージングしているマイコ―が「もっと高い音で」・・「ここが君の一番の見せ場だ」「もっと高く・・」
彼女の必死のプレイに「一緒にいるから」と声をかけながら、才能を未知まで引き上げる姿に「父性」を感じてキューンとなってしまいました。

かなり細かい音の指示をキーボードやベース奏者に出すときにも、根底にL・O・V・Eがあるのよね・・


にもかかわらず、「眠れず苦しむ夜に、背中をさすってあげる人もいなかった・・、」
ダイアナ・ロスでもリサ・マリー・プレスリーでも、傍にいてあげたら・・とタラレバ妄想に、切ない気持にもなりました。


明日も午後からお休み貰って(・・・自分に)2回目の鑑賞。
オペラ歌手の友人と行くので、彼女の感想も楽しみ。





追記:

クラッシック界でも、this is it は評判が高いそうです♪

2人で、マイケルと一緒に写真をおさまる努力をしましたが、、最初はモニターの前で

 

アララ。マイケルの代わりに文字が・・・・

次にポスターの前で苦戦しつつ、マイケル一緒にとれました。
 


ソプラノの友人、彼女はCDも出しているし、MY SPACEに参加したらよいと思うんですけどね。


 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

またいらしてくださいねかわいい

posted by m at 14:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | mimiのささやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。