2005年11月14日

ユマ・サーマン

2005-10-27 00;36;37.JPG
女優の綺麗を徹底分析して、綺麗の秘密をお伝えしましょう


お顔を3分割しています。

ユマの場合は額が一番長く、次は鼻筋、そして鼻から下のアゴの部分が一番短いのです。
額が広いと、理論でいえば幼い子供ぽい顔なはずなんだけど。

眉頭と眉山の高さの差があるので、中間地点まで高さとみると、額とホボ同じ幅。
インパクトある、眉山までを追加すると、鼻筋が一番長いので、印象が真ん中が長い知的長めのお顔になります。

2005-2.JPG
2005-3.JPG

ハイライトとシェーデイングですが、
このお顔は、従来の正面からみた頬骨のtopにチークカラーがつけられていません。

お顔が小さいからだけではなく、○の部分はまだ目の下として、ハイライトがつけられています。
本来シェード(影)となるところに、チークカラーがはいっています。
薄紅色。赤色の特性として、進出といって前に出て見える色なのです。
ですから、本来頬骨の下部となるところが頬骨topとして、見えるので、フレームラインも含めて、
お顔の真ん中の部分がより縦に長く見えます。2005-4.JPG2005-5JPG.jpg


ハイライト図解 チークカラー図解
コンピューターで処理してるとは、いえ、
チークのブラシ離れの加減が美しいです。
2005-11(2).JPG2005-12 (2).JPG

アイブロウ

最初に触れているがユマ顔をノーブルに見せてる修正メイクの要がここ。
真ん中の写真 本来黄色線で赤いポイントが眉弓筋の頂点なはずが上手く産毛などを生かしてもっと、ハイポイントで眉頭から眉山までの長さを出して大人のつり目っぽく。表現!するところが、、、アイラッシュの目尻横強調にて、フラットな目元にして柔らかさを残しております。

2005-31.JPG2005-61.JPG2005-1~1 (3).JPG

アイメーク

アイホール・まぶた・まつげの根元 
瞼だけはパール入りのアイカラー使用。
指の腹で綺麗にグラデーションされています。
目の下のアイペンシルやアイカラーもプラムカラー
下地に赤かローズを敷いている模様。

アイラッシュをつけてる部分は、TOPの写真がわかりやすい。
キレイです事〜☆
2005-1~1 (3).JPG32.JPG32.JPG




20年ほど前に、資生堂のCMで初めてユマをみた時、個性的な上唇だと思いました。
上唇は、整形した?と思うほど。
下唇口角はコンシーリングされており、唇の厚みの高低差がないので、絶妙なハイライトか、CGが上手すぎます。

フルフェイス写真が、いつものユマ。

32.JPGuma45 (2).jpg2005-1~1 (2).JPG

いかがでしたでしょうか?ユマの変貌ぶり。
コチラは有名ブランドのアドバタイジングの写真でしたが、アートディレクターとCg技術のレベルの高さは素晴しいですねー(長音記号1)
>by BeautyProducer mimi
banner_02.gif
posted by m at 05:39| 女優顔の解析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。